crmツール導入を失敗しないためのポイント

提供する企業や製品によってcrmツールの価格は異なりますが、導入費用や運用コストなどいずれも決して安くはありません。せっかく一大プロジェクトを立ち上げて導入しても、上手く使いこなさなければ莫大な金額をかけただけの単なる顧客リストに成り下がってしまうため注意が必要です。crmツールの導入を失敗に終わらせないためのポイントとして挙げられるのが、明確な目標やKPIを設定することです。導入する目的が不明瞭であれば、そもそもどんなcrmツールを選べば良いか決定しづらいでしょう。

まず自社の状況を正確に把握して、現在抱えている課題点と達成すべき目標を明確化することから始めます。それに伴い必要な機能・不要な性能を導き出して、適切な製品を選ぶという順序を踏んで初めて的確なチョイスができるという訳です。操作性を考慮せず、闇雲に高性能とされる製品を選ぶという失敗例も非常に多いです。いかに優れた性能を誇っていても、画面が見にくかったり操作しづらかったりするのでは意味がありません。

現場の社員も扱いづらくて、自然と使われなくなっていくというのがよくあるパターンです。対処法は容易であり、検討する際に現場の社員にも意見を求めると良いです。無料体験版を試してみて、扱いやすくて見やすい快適なソフトを選びましょう。導入してすぐに結果が出ると誤解していて、思ったような結果が出ずに使われなくなるケースもよく見受けられます。

いずれの支援ツールも、導入して即日で結果が出るものではありません。必要なデータの入力や設定を行い、日々試行錯誤しながら業務へと反映・浸透させていったのちに徐々に効果が現れるものと認識することが大事です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です