crmツールに搭載されている主要な機能について

crmツールにはいくつかの有用な機能が搭載されていますが、まずはその名称の由来とも言える顧客管理機能から見ていきましょう。顧客の会社名や担当者名、年齢・性別や連絡先といった基本情報に加えて購買日時・金額、購入頻度といった取引履歴まで登録および管理できます。問い合わせやクレーム対応などのコンタクト情報も合わせて管理できたり、属性タグを付与して任意の層ごとに分析することも可能です。crmツールが本領を発揮するのは、登録した顧客の情報を基に分析を行うマーケティング支援機能です。

単に顧客情報が一元管理できるだけでなく、膨大なデータベースを参照にして多角的な分析を行うことができます。これを基に戦略を立てて行動、得られた結果から次の計画を立てるといったPDCAサイクルの循環もスムーズになることでしょう。経営陣・営業マネージャーは、リアルタイムではじきだされた分析データを活用してスピーディーに判断を下せるというメリットもあります。プロモーション・顧客へのアプローチを最適化しやすくする機能も、crmツールには搭載されています。

購入金額やその頻度、直前の購買日など多彩な条件で顧客を絞り込んで抽出することが可能です。こうして抽出された顧客に対して、最適なタイミングでメルマガやDMを配信することや、優良顧客に対してクーポンを発行したりといった戦略が実行できるという訳です。この他にもcrmツールには、アンケートフォームを用いた満足度調査を実施したりセミナー・イベントの管理を行ったりもできます。ポイントカードなど会員管理、コールセンターを支援する機能など有効活用することで効率・売上が大きく向上するでしょう。

crmのツールのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です