問屋営業で役に立つ顧客関係管理ツールの導入

商品を販売するなど流通系の会社では、メーカーや問屋、小売店などが該当し、それぞれが売り上げアップのために日々努力をしているものです。特に問屋営業をしている会社では、メーカーと小売店の両方がお得意先になることから、かなりの数の会社と接触していることになります。従来型の問屋営業では、各営業マンに振り分けられた顧客先を担当し、担当以外の会社に関しては携わることが無いことが特徴です。この方法でも問題なく営業をしている会社はありますが、効率性を高めて更なる売り上げアップを求める場合は、顧客関係管理ツールを導入する方法があります。

インターネット上から探すといくつもの会社が顧客関係管理ツールを提供しており、月額制でクラウド型として使えるツールが多い傾向にあります。導入後には取引関係にあるメーカーと小売店の情報を全て入力し、同一商品でも顧客先で卸し単価が異なることも多いので、販売中の商品も顧客別に情報入力することも必要です。後は取り引き先の経営者やバイヤーとなる社員の情報入力も行うべき作業になり、この作業は各営業マンが受け取った名刺を確認することで氏名や連絡先も明確にできます。顧客関係管理ツールの能力は本来であれば納入できる商品を見逃している顧客先を瞬時に表示できたり、新商品をメーカーから仕入れをした場合、商談を行う優先順位も決めることができます。

結果的に競合他社よりもスピーディーな営業を行うことができることで、売り上げアップに成功できる機能として使えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です