子供服をお下がりで回す場合には?

投稿日:

可愛くて気に入って購入した子供服も、ワンシーズンも着ることなくサイズアウトしてしまったというご家庭は多いようです。子供の成長はとてもはやいですので、買ったときにはちょうどよかった子供服も3か月後には丈が短くなってしまった、というケースは珍しくありません。せっかく買ったのにとても残念な話です。捨てるのはもったいないし、かといって下にも子供がいない、といった場合にはどうすればいいのでしょうか?そんな時には、友人や知人にちょうどいい年齢やサイズの子供がいるようであればその家庭に回すことで無駄なく活用されます。

とは言うものの、子供服をお下がりで他の人に回す場合にはある程度の注意が必要です。たとえば汚れが目立たないか、大きな穴は開いていないか、といったことを確認することです。なかには「保育園で普段着として着用するし、すなあそびや泥遊びなどをしてすぐに汚すので、汚れた状態で回してもらってもかまわない」という方もおられます。しかし、やはり他人に回るのであればある程度のお手入れをして回るのは常識です。

シミが目立つようであれば、漂白剤などを使用したり、破れている場合にはあて布やアップリケなどを活用して補修することが出来ます。また、名前などを衣服に記入しているのであれば名前を消したり名前の書いたタグを外すなどして、受け取った相手が気持ちよく着用できるようにするのも親切です。ぜひ、着用できなくなった子供服は無駄なく活用しましょう。子供服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です