普段は確認しない場所で起きるつまりのトラブル

水回りのトラブルでは、つまりを起こしてしまうことがあり、本来であれば水が勢いよく流れる場所でも流れるスピードが遅くなったり、殆ど流れない状態にまで陥る現象もあります。トイレなどは日頃から点検や掃除を行って、つまりのトラブルが起きないように配慮している方がいますが、自宅内を見渡すとそうではない場所も存在しています。洗濯機用の排水管などはあまり点検をすることが少なく、一度ホースを接続すると、そのまま放置している方も多い傾向にあります。洗濯機用の排水管でもつまりのトラブルは起きてしまうことがあり、長年にわたる汚れが配管内部に溜まってしまうことで水の流れが悪くなります。

最近の新しい洗濯機は、全自動で作動させていることが多いので、この現象に気付くことなく生活を送っていることも十分に想定できます。そのため、できるだけ積極的に点検をしてみることが推奨でき、排水を行うタイミングでホースを少し持ち上げて確認すると簡単に判断を行えます。洗濯機の排水においては、実際にはつまる可能性は低いものです。十分な太さが確保されていることと、洗剤混じりの水を流すことが多いことも起因しています。

それでも住宅の築年数が古くなっている場合は、汚れの付着は必ず出来ているものなので、他の水回りで使うパイプクリーナーなど洗浄剤を、たまには流しておくとトラブルの起きない状態を長く保てます。一方で完全につまってしまい、水が溢れている場合は異物混入が予測できるので、洗濯機を止めてから原因のものを除去しないと直せません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *