水漏れトラブルを自分で修理する方法

キッチンで洗いものをしようと思って蛇口をひねったところ、ハンドルやレバーから水が漏れてきたといった経験をしたことがある方は少なくないでしょう。たかが水漏れと思うかもしれませんが、放っておくとますます悪化し大変な事態にまで発展することがあるため、注意が必要です。水漏れトラブルの中には、自分で修理することができるものもあるため、まずは慌てて業者を呼ぶ前に自分で直せるかどうかを確かめてみるのはよいことです。水漏れトラブルに気づいたなら、手始めに確認しておきたいのは、自分の家の蛇口がどのタイプのものかということです。

蛇口のタイプには大きく分けて二つの種類があり、その種類によって修理の方法が違ってくるからです。例えば、シングルレバー混合水栓で比較的多い水漏れの一つが、レバーの下から水が漏れてくるというものです。その場合、トラブルの原因として、バルブカートリッジの部品のどれかが消耗していることが考えられます。そうであれば、新しいカートリッジに交換することで簡単に修理することができるでしょう。

さらに、もう一つの種類の蛇口であるハンドル混合水栓で多く見られるトラブルは、ハンドルの下部から起きるものです。毎日何度もハンドルの開閉を繰り返すため、パッキン類が摩耗して水が漏れてくるというわけです。この場合も、パッキンを交換することで修理することができます。また、ハンドル下部からの水漏れの原因がナットの緩みであるならば、緩んだナットを締め直すだけで簡単に修理が完了します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *