お台所の水漏れトラブルを修理するなら

調理や洗いを日々繰り返すお台所では、設備にも負担がかかるため、何かと水のトラブルが起きやすいことで知られます。例えば水栓やシンク下からの水漏れなどは、お台所のトラブルで典型的なものと言えるでしょう。ハンドルレバーを閉めても蛇口からポタポタと水が止まらない、シンクの天板と水栓の接合部からチョロチョロと水もれする、シンク下の収納スペースから床へ水がしみ出す等、トラブルの内容も多岐にわたります。もちろんそのまま放置するのは好ましくありません。

水栓の劣化を進めるだけでなく、シンクや排水設備さらに床などの建材にも、ダメージが拡大するからです。結果的に余計な水道代や工事費用がかかる上、工事期間中は台所が使えなくなって、日常生活にも支障をきたすことになります。このようなリスクを回避するためにも、お台所の水漏れには初期の段階で修理することが求められます。まず水栓の水漏れの原因としては、部品の経年劣化が考えられます。

耐用年数の10年を過ぎると、水栓コマやパッキンなどが、摩耗や変形あるいは亀裂や断裂が生じやすくなり、そこから水漏れすることがあります。経年劣化した部品の修理では交換が基本です。また水栓と天板の接合部には、コーキング材やパテで水漏れを防ぐことも可能です。シンク下から水が漏れ出す原因では、排水パイプや排水トラップの腐食が推測できます。

排水口内に蓄積した食材や洗剤のカスが腐食を招き、亀裂や穴になった部位から水が漏れ出すためです。深刻な腐食であれば排水設備やシンクを丸ごと交換しなければなりません。大がかりな工事が予想されるため、地域で信頼できる水道修理の専門会社へ相談しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *