最新のガス料金の情報

プロパンガスの料金の相場について

一般的にプロパンガスの料金は、基本料金と従量料金の二つの料金の合計で支払いを行うことになります。

日本のプロパンガスの料金相場は、基本料金が1890円で従量料金は523円となっています。都市ガスと比べた場合には、基本料金では900円、従量料金では200円以上も高い価格です。そのため毎月の請求額に換算した場合には、5000円以上も高い料金を支払っているということになります。もしも自分が支払っている料金と、プロパンガスの料金相場が大きくかけ離れているようであれば、契約の見直しが必要と言えるでしょう。まずは一度自宅のプロパンガス料金を比較することが大切です。

さらに一人暮らしの相場については、さらに高い水準が示されています。一人暮らしをしている人の多くは、賃貸のアパートやマンションに住んでいるという人が多いものです。賃貸アパートやマンションは戸建ての物件と比べた場合には、ガス料金が高くなっています。賃貸アパートのガス料金の相場としては、基本料金が2010円、従量単価は541円です。

都市ガスの相場が基本料金が1000円で重量単価が300円なので、どちらも2倍近くも高いことがわかります。このように大きな差が発生する原因は、プロパンガス市場は企業間での競争がない特殊な市場であることが挙げられます。価格を明確化するように法改正が行われたものの、多くの消費者はこれについてあまり知りません。経営悪化を補うために、より多くの利益をもたらしたいからと更なる値上げを行い、元から高かった価格がさらに高くなっているといわれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *