最新のガス料金の情報

寒い地方ほど高額なプロパンガス相場

日本は、南北に長い事から北海道地方と九州地方ではプロパンガスの使用量も重量単価の相場も大きく異なり、最も消費者の多い関東地方と最も使用量の多い北海道地方でも大きく異なります。

関東地方では、平均基本料金1、620円で平均従量料金491円となっており、15立方メートルを使用した場合には8、985円の請求が相場です。北海道では、平均基本料金1、949円で平均従量料金696円となっており、15立方メートルを使用した場合には12、389円請求される事から関東地方よりも3、400円以上も高額なのが実情です。

また、一般的な戸建て住宅に比べて賃貸の集合住宅の従量料金が非常に高く、都市ガスが普及している地域からプロパンガス使用の賃貸の集合住宅に引っ越すと請求料金が倍以上になる事も少なく無いとされています。プロパンガスは、賃貸の集合住宅を建築する際に工事費用や給湯器代を提供会社が無償提供する無償貸与契約を締結しており、建築費用を安く抑えられた建築業者や物件オーナーは15年程度常識を逸脱した高額な従量料金を黙認する無償貸与契約を導入している事から相場がかなり高額になっています。

しかし、プロパンガス業者からキックバックを受け取っている一括借り上げの管理会社や物件オーナーは無償貸与契約を再更新する事も少なく無く、プロパンガスの賃貸物件に居住する限り相場以上の請求を理不尽と理解していながらも支払う必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *