最新のガス料金の情報

プロパンガスの料金の相場は都市により異なる

プロパンガスの料金は、毎月定額で発生する基本料金と使用量に応じて変動する従量分の合計金額で算出される、二部制で計算されます。

基本金が同じでも、毎月のガス使用量はその世帯に住んでいる人数によっても差が出てきます。家庭用プロパンガスの家族人数別1世帯あたりの月平均使用量は、全国平均で、世帯人数が2人以下の場合は平均使用量が6.5㎡、3人は8.9㎡、4人であれば11.3㎡です。しかし実際にかかう料金の相場は、各都道府県の平均で大きな違いがあります。なぜ違いがでてくるのかというと、寒い地域などや暮らしの違いもありますが、地域に根ざしているプロパンガス会社の違いにもよるのです。

ガス小売業者は全国に約20、000件もあるので、どこの小売業者を使っているかによる違いが大きいということになります。ですので相場を確認するのであれば、全国平均よりも住まいの地域別の相場を見て比較検討することが大事でしょう。まず目に見えて安いのが、関東地方の平均で基本金が1、750円で10㎡の使用で7、163円になります。

関東地方は住宅も密集しており輸送コストもかからないため、比較的安いといえるでしょう。他の地域はほぼ全国平均と同じで、基本金1、852円、10㎡で7、702付近の範囲におさまっています。目に見えて高いのは北海道になり、基本金が2、095円で、10㎡はなんと9、788円もかかります。全国平均をあげているのが北海道と思われますので、関東圏の方は注意して自分の地域の平均を参考にした方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *