最新のガス料金の情報

プロパンガス相場いくら?

生活していく上で必要なものとして知られるものにガスがあります。

現代では、ガスの代わりに電気を使用するオール電化の家庭もあるのですが、電気がいざという時に使えなくなってしまったり急な停電に対応できるように、まだ多くの家庭がガスと電気を併用しています。そんなガスを使用する上で、ガスにも2種類あり、プロパンガスと都市ガスとに分かれています。この違いは料金だけでなく、そもそもガスの原料の違いがあるのでプロパンガス相場と都市ガスの平均相場に違いが現れるのが特徴です。では、2つの種類を比較してみてどちらがどのぐらい高いのでしょうか。

プロパンガス相場は、基本料金と従量料金の2つに分かれていて、基本料金は1890円で、従量料金は523円が相場になっています。反対に都市ガスの相場を見てみましょう。都市ガスの基本料金は1000円で、従量料金は300円なので、その差は歴然で基本料金で900円で、従量料金で223円もの差があります。

毎月の請求額を比較してみると、5000円以上も差があるので、都市ガスよりもプロパンガスを利用し散る過程の方がガス代金が高くなる傾向があります。しかし、プロパンガスの料金は自由設定なので、この相場よりも高くなる場合があり、特に一人暮らしや賃貸住宅の場合は高くなることが多く、プロパンガス相場と比べて月々に支払っている料金が高いと感じた場合には、契約しているガス会社を見直してみる必要があるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *