最新のガス料金の情報

プロパンガスと都市ガスでの生活を間違えるな

今頃の住宅ではオール電化で生活されてる方もおられますが、半数以上の家庭では依然としてガスを使用して生活されています。

そのガスは大きく都市ガスとプロパンガスに分けることができます。この2つは気体の性質自体も供給方法も違うので、間違えると命が吹っ飛ぶ危険性や可能性があることを理解しておかなければなりません。まず都市ガスは文字通り基本的に都市部を中心に普及しています。供給するには地中に配管を地域中に埋設して張り巡らさなければなりません。

配管を埋設して張り巡らせるには巨大なボールみたいな形をしているガスタンクがある工場から順番に延長していかなければ開通できません。だから工場から遠ければ遠いほど開通時期は遅くなるし、特に離島などだと都市ガスで生活できる可能性は事実上0同然です。ちなみにガスは空気よりも基本的に軽いです。対してプロパンガスはボンベに充填して各建物へ供給しているやり方です。

ボンベに充填して運搬するので、配送車が行けるところならば、どんな都会だろうとどんな田舎だろうと地域を問いません。ボンベのガスはいずれなくなるので、定期的に配送車がボンベを交換しにやってきます。この定期的な交換のために運搬料と人件費が高騰して都市ガスよりも割高傾向になります。ちなみにガスは空気よりも重ためです。

プロパンガスと都市ガスでは空気に対する比重が異なるので、同じガスコンロを使用することはできません。従って引っ越しする場合には引っ越し先のガスがどちらであるか、今まで使用していたコンロはどちら用のコンロであるかを把握しなければなりません。もし違っていたらコンロを買い替える必要が出てきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *