最新のガス料金の情報

生活におけるプロパンガスと都市ガスの違い

ガスボンベで各建物に供給されるプロパンガスは、配管を通る都市ガスとは性質が異なります。

生活においては、供給方法の他にもコストやメリットといった点に違いが現れます。配管を使わないプロパンガスは、災害時でもガスが使えるメリットがあります。これはガスボンベが独立しているのが理由で、災害が発生しても早く復旧できるからです。

都市ガスは敷設された配管を利用しますから、提供される料金の単価が比較的安く、経済的に生活を助けてくれるのがメリットです。プロパンガスは熱的なエネルギーが大きく、都市ガスよりも火力に期待できますが、実際はそれほど差が出ないのが現状です。一般的な生活だと、あまり使い勝手に違いはありませんから、供給方法とコスト以外で何が異なるのかと疑問に思われがちです。配管を必要としないプロパンガスは、導入時の設置費用が低く、導入しやすいといった側面があります。

都市ガスはイニシャルコストよりもランニングコストが優位で、長期的に見れば軍配が上がります。ガスは生活に欠かせないエネルギーですから、お得に供給が受けられる方が需要は高まるものです。プロパンガスには価格交渉の余地があって、納得してから契約を結べる点が優れます。しかし、広範囲に配管を使って供給できる都市ガスは、供給コストの面で優位性を見せています。使い方によっては、毎月4千円ほどの差が生じることもあるので、ガスの違いが家計に与える影響も無視できないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *