老人ホーム建築の根拠法令など

いわゆる老人ホームはその建築に際して根拠となる法令に則って対応がされる必要があります。

このとき介護保険が関係する場合もあればほとんど関係しない場合もあり、特に注意が必要なのは介護保険が関係する場合です。通常であれば老人福祉法や建物そのものに関する法令に則って対応すれば話は済みます。

ところが介護保険事業として行う場合にはその報酬が介護報酬であり介護保険料という名の税金である以上、基準を遵守し適切に運営がされることが必須となります。老人ホームにもいろいろな種類があるわけで、それらが介護保険法などでも建築関係のルールを満たすなど、該当する事業に定められたルールに沿ったものでなくてはならないです。

特に注意が必要なのは建物それ自体の問題と老人福祉法及び介護保険法とをすべてを満たした事業でなくてはならない点であり、どれか一つでも法律に抵触したりするとそこで指導などがなされるようになります。

特に多いのが実際には有料老人ホームとして建築されていると見なされる場合です。このときには老人福祉法などの規定を守るように指導がされたりします。介護付きの場合はさらに介護保険法の基準を満たさなければ介護報酬を受け取ること自体が出来ません。

このようにいろいろな法律と視点があって、開業する側は遵守が厳しく求められます。開業者は広い視野を持って対応をしていくことで、些細な点もおろそかにせずに遵守しかつ修正していく姿勢が欠かせません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *