介護施設の建設で大切なこととは

少子高齢化や貧困層の拡大、核家族化による高齢者の孤独死など、社会状況の変化により日本では様々な問題が深刻化しています。

特に超高齢化社会に突入したこの日本では、平均寿命が高くなってはいるもののその分高齢になって介護が必要な状態の割合も年々増えているのです。

平成12年4月に施行された介護保険法によって、基本的に65歳以上になって介護が必要な状態になれば保険サービスとして必要な介護支援を受けることが出来る様になりました。

それに伴い介護施設の建設も増えており、介護が必要な状況で在宅生活が困難になっている高齢者にとっては24時間必要な介護をケアスタッフに受けることが出来る介護施設はなくてはならない存在なのです。

要介護者が安全に安心して日常生活を過ごしている介護施設を建設する時には、常に高齢者の安全に配慮された設計と導線の確保が必要になります。

わずかな段差や傾斜で転倒のリスクが高いことは周知のことで有り、バリアフリーはもちろんのこと、身体を支える手すりやドアの明ける方向、障害物を回避するスペースの確保などその視点は幅広く持って千節する事が大切です。

また、設計段階で注意を払わないと行けない導線の一つには、安全に十分配慮された避難経路の確保があります。火事や地震など様々な危険が訪れた時に、歩けない高齢者でも夜勤帯でスタッフの数が少ない時にも安全に迅速に避難できるような建設工夫がなされなければなりません。

そのような緊急時は起きないに越したことはありませんが、万が一起きた時に安全な導線や避難ルーツが確保されていることが安全で良質の介護施設なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *