介護福祉施設の建築と開業に関する許可

介護福祉施設では建築を行う前に関係する行政機関に対して平面図などを持参することで、あらかじめしっかりと情報収集を行うことが必要です。

特に介護保険の担当部署では事業の許認可を行う関係上、着工前に必ず良く話しをしておくことが最低限必須となります。その介護福祉施設が建築してもいいかどうか以前に認可になる要件を満たしているかどうかを見てもらう必要があるためです。

その建物について建物に関するルールにおける一定の要件を満たしているかどうかも確認をしてもらう必要がありますので、介護保険と建物関係とをセットで見てもらった上で着工を行うという流れになります。

両方を確認してもらう必要があることが重要なポイントです。建物それ自体もたとえばバリアフリーになっているかどうかなどもありますが、その他にも建設に使われるものなどが適当か否かの判断もあります。

今では使用禁止となっているアスベストなどの問題も起こりえるためです。建物それ自体は完成予想図にもなる平面図である程度分かります。したがってその平面図から介護福祉施設の要件を満たしているかどうか、建築に問題が無いかどうか判断を行う流れです。

いずれかの事前チェックで問題が起こったときにはそれぞれもう一度確認をしてもらう必要が出て来ます。そのため細心の注意を払いながら前に進めることが重要となります。土地などの確保も重要で、原則として賃貸を認めていない場合がありますので注意を要します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *