介護福祉施設建築に関する注意点

最近では高齢化に伴い、至る所で介護福祉施設が建てられています。

新規に建物を建てたり、既存の住宅や建物をリノベーションを行い、特殊建築物となる場合には建築確認申請が必要となるので一般の建物よりも厳しい制限を受けることになるでしょう。

福祉施設関係で特殊建物となる介護福祉施設には、有用老人ホーム、福祉ホーム、デイサービスなどの老人福祉施設、そのほかにも、助産所や児童福祉施設、障害者支援施設、地域施設支援センターなど、ほかにも多くの施設が含まれます。

これらは建築基準法の中で児童福祉施設等に関する施設に当たり、基準規定に適合する確認済証の交付を受けなければ営業をすることもこともできません。非常灯の設置、防火戸やそれに伴う間仕切りの設置、排煙設備などには注意が必要です。

新規建築のために条件の良い土地を探すことはとても難しく、既存の住宅を改装してデイサービスなどの介護福祉施設へ作り変えて営業を行うところも増えています。既存住宅を改装して使用する場合には、床面積が100㎡を超える場合には建築確認申請の手続きが必要です。

ですが、100㎡以下の場合であっても関係法規を守る必要がありますので、専門家の下で正しい申請をおこなうことで建物にまつわるトラブルや入所者を危険から守ることになります。

人の命が係わる場所を作る際には利益よりも先に快適で安全であるかについてしっかりと検討することが最も重要となるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *