介護福祉施設の建築条件

介護福祉施設の建築においてはその条件は様々です。

そのため相談などをしないままに建設することなどは避けなければいけないことです。事前にその地域での介護保険を所管する役所市町村であったりあるいは都道府県庁の出先事務所などが該当しますが、こうしたところに先ずは相談を行うことが必要となります。

なぜ相談が必要なのかというと、介護福祉施設の中には建築以前にそもそも許可が出ない可能性があるためです。したがってその地域において介護関係の事業所をしたい旨の話しをしておいて詳細を聞くことです。

ただいきなり尋ねても事業としてやりたいことを教えて欲しいと言われるのが精々ですから、介護福祉施設として建築して事業展開を行いたいこととその具体的な施設の種類を伝えて開業が可能かどうかを聞きます。

ここで市町村が所管する事業なのかあるいは都道府県が所管する事業なのかをはっきりさせる必要がありますので、リサーチが欠かせません。

特に市町村が全部を行うところと郡部などに多いのですが都道府県が所管する場合とがあり、開業したい所在地と開業したい事業をはっきりさせた上で、相談窓口を尋ねれば良いです。

役所の受付に電話をかけて介護保険担当課に回してもらいその上で地域名と開業したいサービス名を伝えます。

そこで担当者からある程度の回答が得られるので、その上で次の話へとステップアップしていくわけです。このとき介護福祉施設の建築に必要な土地の取得はまだ急いではいけない場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *