介護福祉施設の建築とその場所における地域住民の理解

介護福祉施設の建築では役所に対して許可申請を行います。

このときその正規な申請前に地域住民への理解を求めることが重要です。近隣に住宅地などがない場合あるいはあったとしても少し離れている場合などは理解が為やすいとされていますが、住宅街のど真ん中に介護福祉施設の建築を行おうとすると、地域住民から困惑やら反発やらが出やすいです。

したがって場所に寄りますがしっかりと説明を行うなどの根回しが欠かせません。土地の取得段階でこうした根回しを町内会等を中心に行っておくことで、ワンクッションを置くことが出来ます。

土地の取得時点ですでに地域住民からある程度の理解が得られていれば、その後の地域関係の話は進めやすいです。行政への説明でもすでに地域住民との話は進んでいると話が出来ます。

反対に説明が出来ていない場合は説明会などの開催を促されたりもしますので、結局するのであれば早めに進めておくことが望ましいわけです。なおこの介護福祉施設の建築に関することで、この地域住民とのやりとりなどの議事録などの提出を求められることがあります。

記録などに起こしておいて経緯が分かるようにしておくことも重要です。可能であればその地域の町内会などとの話し合いの結果が出来ていて理解があるところまで来ていると役所側もやりやすくなります。

そこまででなくても努力していることは役所側でも見ているので、何もしていないよりは遙かにマシと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *